矢来能楽堂 舞台概要

目次に戻る

このたび矢来能楽堂が、国指定の【登録有形文化財(建造物)】になりました。
登録有形文化財とは、この舞台・建物を使い続けながら後世に継承していくものです。
登録にあたりお力添え頂きました皆様に御礼申し上げますと共に、日頃ご利用いただいております皆様へ御礼ならびに、より一層のご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2011.4.1
観世九皐会 矢来能楽堂

  

名称
矢来能楽堂 (昭和27年戦後再建)
社団法人観世九皐会(理事長観世喜之)所有
建築(棟梁)
三輪音吉
設計施工
大和建設株式会社
鏡板揮毛
川邊菊久
構造
木造モルタル造り
開場
昭和27年9月17日
能舞台構造
本舞台…幅5.4m×奥行5.4m
後座…奥行2.7m 地謡座…奥行2.1m
橋掛り…幅2.1m 長さ6.5m
屋根…寄棟造り

ご見学につきまして

日頃は矢来能楽堂をご愛顧いただきまして有難うございます。

舞台のご見学につきましては、個人・団体に関わらず、使用状況(稽古・催会)により、
お断りをする場合がございます。
お手数ではございますが、事前のお問合せをお願い申し上げます。
観世九皐会矢来能楽堂事務局 TEL 03-3268-7311

  • 矢来能楽堂からのお知らせ
  • クレジット決済のご案内
  • 2018.2.2 掲載
  • 平成30年2月より、観世九皐会主催公演当日・受付にて 試験的にクレジット決済を導入致します。 主催公演チケット […]

  • アクセス
  • 東京メトロ東西線「神楽坂」駅 
    2番出口(矢来口)より徒歩2分
    都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂」駅A1出口より徒歩5分
  • ※新潮社別館の裏手です
    ※google map で確認する >>

    東京都新宿区矢来町60
    代表電話 03-3268-7311
    FAX 03-5261-2980
    Email yarai@eos.ocn.ne.jp

観世九皐会/矢来能楽堂昭和27年再建 神楽坂の地で伝統を受け継ぐ矢来能楽堂

CLOSE